複利の力

複利推移グラフ 投資・資産運用・節税・節約

転勤妻のtenです。

投資を行っている日本人は20%だそうです。

生命保険に加入している日本人は90%らしいです。

まだまだ日本では投資・資産運用は一般化しません。

20%の日本人だけが知っていることがあります。複利の力です。

「複利は人類最大の発明である」アインシュタインの言葉だそうです。

利子は2種類ある

  1. 単利(たんり)
  2. 複利(ふくり)

普通はお金を借りても預けても、利子は複利になっています。

単利だと、あんまり増えません。

単利の増え方

3%の単利で100万円預けました。

  • 1年後:103万円(プラス3万円)
  • 2年後:106万円(プラス3万円)
  • 3年後:109万円(プラス3万円)
  • 30年後:190万円(プラス3万円)
  • 100年後:400万円(プラス3万円)
ten
ten

3%複利だと100年経つと1,922万円になります。

複利の増え方

当たり前ですが、利回りが高いほど増えます。そして年数もかければかけるほど増えます。

ten
ten

今どき普通預金の利息が0.001%なので、3%以上なんて投資・資産運用でないと無理です。

  • 3%(高配当株と呼ばれるライン)
  • 5%
  • 7%(個別株の平均利回り)
  • 10%

この4パターンをグラフにしてみました。

 

100万円をそれぞれの%で預けるとこんなグラフとなります。

10年後→20年後→30年後はこうなります。

  • 3%:134.4→180.6→242.7万円
  • 5%:162.9→265.3→432.2万円
  • 7%:196.7→387.0→761.2万円
  • 10%:259.4→672.7→1,744.9万円

10%複利で30年間預けると、100万円は1,745万円になります。

ten
ten

複利というのは、年数をかければかけるほど、すごいことになります。

もし100年間預けるとさらにその差は大きくなります。

  • 3%:1,922万円
  • 5%:1億3,150万円
  • 7%:8億6,772万円
  • 10%:137億8,061万円

100年間というのは、だいたい3代になります。祖父母の代から始めて孫世代では億万長者になります。

137億円あれば、利息だけで生活できそうですね。

ten
ten

ちなみに10%での101年後は150億円です。

使っても使っても減らない。笑

 

銀行の普通預金の金利は0.001%とかです。この金利だと、100年後は100.1万円となります。100年かけても1,000円しか増えません。

定期預金の金利でも0.02%です。こちらは100年後に102万円となります。

日本人の20%が投資・資産運用を行っている

投資界隈の有名人に弐億貯男さんという方がいます。サラリーマンをしつつ資産運用し、2019年に資産2億円を達成しました。

ちなみに弐億貯億さんは追加資金無しで250万円→2億円です。個別株投資で資産を伸ばしました。

ten
ten

普通の人はこんなに上手に増やせないので、「複利、投資って夢がある」と思ってもらえれば十分です。

弐億貯男さんは2020年9月に『10万円から始める!割安成長株で2億円』という本を出版されます。

 

 

複利での増え方を知っている日本人は少ないです。

知っていれば、全員が複利で増やすはずですから。投資信託の3%複利でも、100年200年と時間をかければ必ず増えます。

ただ、増え方が伸びるまで時間がかかるんです。

そのため、増えるのを待てない人が多いのです。

ten
ten

がんばってみてもいいんじゃないかな?

そう思います。

「複利は人類最大の発明である」

コメント

タイトルとURLをコピーしました