年金制度は素晴らしい

投資・資産運用・節税・節約

転勤妻のtenです。

かつて国民年金の未納がニュースになっていました。

まさか国民年金保険料を納めていないなんてハイリスクなことしてないですよね?

民間の生命保険や医療保険に加入する前に国民年金をキチンと納めてください。国民にすごく有利な社会保険です!

年金の種類は3種類

国民年金や厚生年金には以下の3種類の役割があります。

  1. 老齢年金
  2. 障害年金
  3. 遺族年金
友人

若者は年金、払い損でしょ?

なんて言われるのは老齢年金のことで、65歳からもらえるのか70歳からもらえるのかはその年代にならないと分かりません。

  • 障害年金(本人に支払われる)
  • 遺族年金(遺族に支払われる)

この2つに関しては該当すれば、何歳であってももらえます。

特に障害年金はすごい保険です!

障害年金って何?

簡単にいうと、病気やケガで所定の障害状態になった時に年金がもらえます。

例えば、21歳で事故に遭い【障害年金受給が決定】すると、以降の人生でずっと障害年金をもらえます。

障害年金受給の条件

障害の原因となった病気やケガについて初めて医師の診察を受けた日(以降、初診日という)の前日が次の3つの条件のどれかを満たしている必要があります。

  1. 20歳未満である
  2. 初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること
  3. 初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

20歳未満の場合は国民年金保険料を納めていませんが、障害年金の権利があります。日本の素晴らしい制度です。

2.3.についても、国民年金加入は国民の義務なので普通は保険料を払っていますが、未納状態の人もいるのは事実です。

 

経済的に困窮していて保険料を支払えない場合は、免除申請できます。免除となれば保険料を払わずにもしもの時は障害年金を受けられます。

免除申請については日本年金機構ホームページへ。

ten
ten

免除申請が通らない可能性はあるけれど、未納はダメ!絶対!!

障害年金は2種類ある

  1. 障害基礎年金
  2. 障害厚生年金

国民年金に加入していれば、障害基礎年金をもらえます。更に厚生年金にも加入していれば、プラス障害厚生年金ももらえます。

先ほどの21歳の例だと、厚生年金に加入していれば障害基礎年金+障害厚生年金が残りの人生ずっともらえます。

 

20歳を過ぎて学生であるならば【学生納付特例】の手続きを取れば、国民年金保険料を納めずとも、障害年金を受け取れる権利がもらえるので是非手続きしましょう。

障害年金給付額試算【2018年現在】

障害年金=障害基礎年金+障害厚生年金(2号被保険者) となります。詳細は、日本年金機構ホームページの障害年金へ。

※2015年10月~公務員共済も厚生年金に一元化されています。

障害基礎年金

【1級】779,300円×1.25+子の加算

【2級】779,300円+子の加算

  • 第1子:年額224,300円
  • 第2子:年額224,300円
  • 以降:年額74,800円
ten
ten

3人目から減るんだ・・・。

779,300円は国民年金を20歳~60歳まで40年間納めた場合の満額の年金額(老齢年金の金額)と同じです。【2018年】

障害厚生年金

1~3級障害となった原因の病気・事故による初めての診察日が、厚生年金加入期間にある場合に支給されます。

【1級】 (報酬比例の年金額)× 1.25 +〔※配偶者の加給年金額(224,300円)〕

【2級】 (報酬比例の年金額) +〔※配偶者の加給年金額(224,300円)〕

【3級】 (報酬比例の年金額)最低保障額 584,500円

※その方に生計を維持されている65歳未満の配偶者がいるときに加算されます。

報酬比例の年金額

計算式はものすごく面倒くさいです。詳しくは日本年金機構ホームページにあります。

月収30万円なら

夫(2号被保険者・厚生年金加入中)の平均月収30万円で、妻の加給年金がある場合だと、障害基礎年金+障害厚生年金の合計金額(年額)はこのような試算になりました。

  • 1級なら年額180万円(月15万円)
  • 2級なら年額150万円(月12.5万円)
  • 3級なら年額58万円(月4.8万円)

子どもがいれば、上記金額にプラスされます。

  • 第1子:年額224,300円
  • 第2子:年額224,300円
  • 以降:年額74,800円

障害年金だけで家族が生活していくのは難しいです。

障害年金の1級2級3級

日本年金機構ホームページ【障害認定基準】に詳しくは記載されていますが、ざっくり説明すると以下のようになります。

1級

基本的に寝たきり状態である。

2級

日常生活をおくることが極めて困難で、労働で収入を得ることができない状態である。

3級

できない労働もあるが、働くことができる状態である。

初診日が大事

鬱(うつ)などの精神疾患も該当します。

心身が不調になったら、厚生年金加入期間に初診を済ませておきましょう。

  1. 障害基礎年金
  2. 障害基礎年金+障害厚生年金

もらえる年金額は多い方が良いです。

「仕事を辞めた後で、仕事が原因の鬱が発覚」なんてよくあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました