【固定費削減】スマホは格安SIMに変える

投資・資産運用・節税・節約

転勤妻のtenです。

現在はドコモ回線の格安SIMを使っています。

  • 夫:3,800円
  • ten:2,000円

通話+通信で毎月この値段となっています。

スマートフォン以前は携帯電話所有でした。ドコモ→Y!モバイル(ソフトバンク回線)→ドコモ→楽天モバイル(ドコモ回線)の経験があります。

電波の悪い場所に行くなら、ドコモ回線じゃないとダメです。他社では繋がりません。

3大通信会社

  1. ドコモ
  2. au
  3. ソフトバンク

国内大手通信会社は3社あります。毎月の通信費は3社大差ありません。約1万円します。

ten
ten

分割払いの端末代を抜くと5,000円くらいかもしれません。

この大手3社の回線を利用した通信サービスがあります。格安SIMと呼ばれています。

格安SIMのメリットとデメリット

メリットは安いことです。大手3社と比べると半額~1/3程度の金額となるので、格安と呼ばれています。

デメリット①繋がりにくい時がある

大手3社の回線を利用できますが、大手3社にとって優先すべきは3社のユーザーです。そのため、回線が混雑している場合は格安SIMユーザーの利便性は後回しとなります。時と場合によっては繋がりにくくなります。

みんなが一斉に使う場面では、繋がりにくくなります。

  • 昼休み
  • 18~22時
  • 年末年始
  • イベント時
  • など

こういった場面では、繋がりにくくなります。「繋がらない」こともあります。

 

友人

年末年始はインターネット繋がらないなー。

これぐらいが許容できるならば、格安SIMはオススメです。

デメリット②実店舗があまりない

サービスを格安で提供できるのには理由があります。

人件費削減しています。そのため、実店舗数が少ないです。地方だと実店舗がありません。

何か困った場合、対面では話しができません。

おじさん
操作苦手な人

操作が分からない。

電子機器の操作が苦手な人には向かないかもしれません。ただ、格安SIMは多くの人が利用しているサービスなので、そう難しいものではありません。

ten
ten

もちろん質問には電話対応しています。メールやチャットでの対応もあります。

SIMフリー端末使用かSIMロック解除する

格安SIMを利用する場合は、利用する回線に応じた端末が必要です。

 

どこの通信会社の回線でも利用できるSIMフリー端末というものがあります。

ten
ten

端末=スマホ本体のことです。

新しくSIMフリー端末を購入し使っても良いですし、既に持っているスマホのSIMロック解除を行ってSIMフリー端末へと変えても良いです。

SIMロック解除には2,000円程度かかります。

実は同じ回線ならばSIMロック解除せずとも、格安SIMを利用できます。

男性

ドコモで買った端末をY!モバイル(ソフトバンク回線)で使いたい。

この場合はドコモの端末をSIMロック解除しないとソフトバンク回線では使えません。

 

 

女性

ドコモで買った端末をOCN(ドコモ回線)で使いたい。

この場合はドコモの端末をSIMロック解除しなくてもOCNで使えます。もちろんSIMロック解除してもOCNで使えます。

SIMロック解除にはお金がかかるので、必要ないならしない方が安くつきます。

ドコモ回線利用の通信会社

  • ドコモ
  • 楽天モバイル(新規申込み者からは楽天回線)
  • BIGLOBE
  • OCN
  • mineo
  • など

いくつかあります。

 

BIGLOBEは老舗プロバイダーですし、OCNはNTTコミュニケーションズが提供しています。OCNの方が速度が速いと言われています。

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

格安SIM会社に変更したからといって、「いつも繋がらない」「通話の音質が悪い」なんてことはありません。

 

失敗しない節約は固定費を下げることと言われています。

1度設定してしまえば、何の苦労もなく毎月〇円の節約となるからです。

ten
ten

毎月〇円×12ヶ月の年間では大きな金額の節約になります。

月1万円の節約は月1万円の収入アップと同じです。

格安SIMは良いサービスだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました